cacao

日々の暮らしに、上質なチョコレートを。

NEWS

QUALITY

コロンビア産のチョコレートの特徴は、
スパイス、果実、熱帯の花々、ナッツ、麦芽を思わせる
独特のアロマ風味を持っていることで、
収穫する地方の風土により味と香りが違うのも
特徴のひとつと言えます。

全世界のカカオ生産量は
「ベースビーンズ」と呼ばれるフォラステロ種が90%
「フレーバービーンズ」と呼ばれる2種のうちクリオロ種が1%、
トリニタリオ種が9%となっています。

ca ca o「カカオ」では、トリニタリオ種を使用。
その中でも南米フレーバービーンズに属する
フィノデアロマカカオを使用しています。
フィノデアロマカカオとは、
国際「ココア機関ICCO」が定義するひとつであり、
カカオ感はもとより、芳醇な香りや風味を
醸し出すカカオ豆の事です。

ca ca oは、シングルオリジンにこだわり、
この希少なフィノデアロマカカオを使用しているのはもとより、
コロンビア産カカオマス、カカオバター(追油)で出来た
上質なチョコレートを使用しています。

CONCEPT

コロンビアの地で大切に育てられた希少なカカオ豆が
青い海を越えて、日本の生活者の元へ旅をします。
私たち作り手は、生産者の思いやこだわりを
チョコレートというかたちにして
生産者と生活者を繋ぐ、旅のお手伝いをします。

お客様の日常の中で
香り豊かなチョコレートを楽しんで頂ける事で
新しい暮らしの物語が始まります。

コロンビアは国内需要が多く、
隣国などからカカオ豆を輸入していました。
近年、ICCO「国際ココア機関」により
コロンビアのカカオ豆がフィノデアロマカカオ豆と認められ、
世界的にも希少なカカオ豆だと解りました。

それから、国家戦略のひとつのコンテンツとして
カカオ豆の生産体制をこの数年の間で強化し、
国外への輸出量拡大を図っています。

私がカカオ豆に惹かれたのは、
カカオの品種、産地の他に、生産の工程の違いによって
チョコレートのクオリティに大きな差がでる事が解ったからです。

コロンビア産のカカオ豆で創られたチョコレートを食べた時に、
今まで感じた事のない香りに驚きました。
まるでフルーツを食べている様な、華やかな香り。
カカオアロマに魅了されました。

気がつくと、
コロンビアの農場へ飛んでいました。
そこで見た景色や文化は想像以上で、
自然の恵みと共に歩む人々の暮らしがそこにはありました。

生活の中にチョコレートが寄り添っていて、
チョコレートドリンクを楽しむ日常や
恵まれた大地で生活を支えるカカオ栽培は、
生産者と生活者が繋がっていて、
チョコレートで暮らしが豊かになっている様に思えました。
素敵な体験でした。

“チョコレートで日本のライフスタイルを豊かにしたい”
“生産者の想いを生活者へ届けたい”
その想いから「ca ca o」が誕生しました。

株式会社ジャーニーカンパニー代表取締役 石原 紳伍

SHOP

  • 000

    鎌倉 / KAMAKURA

    〒 248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-9-7
    2-9-7,Komachi,Kamakura-shi,Kanagawa 248-0006,JAPAN
    10:00-18:00 無休 / Always open
    TEL : 0467-61-3307

    google map VIEW DETAIL
  • 000

    新宿 / SHINJUKU

    2016年4月、新宿NEWoManにOPEN

    〒151-0051
    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55
    JR新宿ミライナタワー  エキナカ2階
    cacao NEWoMan新宿店
    5-24-55, Sendagaya,Shibuya-ku, Tokyo, 151-0051
    8:00-22:00  新宿NEWoMan 営業時間に準ずる
    TEL : 03-6274−8185

    google map VIEW DETAIL